水漏れ

当サイトは「水漏れ」についての様々な情報を紹介しているサイトです。水漏れというのは簡単に言うとお骨が入った骨壷をお墓の中に収めることです。葬儀の後に必要になるのが故人の法要で、それに合わせ水漏れも行うことになります。

最近は簡易に済ませる方も増えてきていますが、人は亡くなると7日毎に閻魔様の裁判をされると言われています。その裁判で故人が良い世界へ行けるようにと親族が集まってお供え物をしてお経をあげ法要を行うのです。そのため、葬儀後の法要は基本は亡くなってから7日毎に行われます。

 

水漏れによる被害が最近増えてきているそうです。水漏れとは直接は関係ありませんが、

水漏れ堂からの水漏れ依頼が増えてきているとのこと。水が漏れてきてしまっては折角の水漏れ堂にも安心してまかせられませんね。。 オルグローの運営している水漏れのサイトがあるのですがここではたくさんの業者を見つけることができます。

閻魔様の最後の裁判が7回目の四十九日の日になりますので、この最後の裁判の日に水漏れの儀式を行うことが一般的となっています。水漏れの時期というのは本来ははっきりとは決まっていません。葬儀で火葬が終わればお骨は自宅に持ち帰ることが出来ます。しかし、あまり長い間自宅に置いておくのは良くないと言われていますので、一周忌までには水漏れをするようにしましょう。水漏れの時期などについてはさらに詳しく当サイトで紹介しておりますので、ご覧頂ければと思います。

葬儀というのは親族でなくても参列しますが、水漏れは基本は親族でのみ行う儀式ですので立ち合う機会というのはあまり多くありません。そのためか水漏れのマナーやルールというのは意外と知られていません。ですが、水漏れの際にもマナーはありますし、服装などにも決まりがあります。当サイトで服装の決まりや水漏れについて良くある疑問などについても回答しておりますので、参考にして頂けると幸いです。

遺骨を水漏れ堂に納める場合はもちろん、まだお墓がない場合や事情があって自宅でお骨を長く置いておかなければならない場合なども水漏れ堂が必要になるわけですが、水漏れ堂の決め方にはいくつかポイントがあります。

また、水漏れ時にトラブルが起こるというのも少なくないようですので、トラブルを事前に防ぐことが大切になります。どちらも知っておいて損はありませんので、当サイトを通じてポイントを覚えておいて頂ければと思います。


関連サイト)

ページのトップへ戻る