納骨堂の決め方~ポイント1~

納骨堂は遺骨を保管しておくための建物です。お墓がまだない場合や事情があり自宅で長く遺骨を安置しておかなければならない場合などは納骨堂を利用することになりますが最近は一時的に保管するのではなく、遺骨をお墓に埋葬することなく永久的に納骨堂に保管する方も増えてきています。これは経済的な理由でお墓を持ったり維持したりすることが出来ない人が増えたためです。

永久的に納骨堂に遺骨を保管する場合などは特に納骨堂選びはしっかり行わなければなりません。選んでから後悔してしまうことがないように事前にしっかりと調べて納得のいくところを選ぶようにしましょう。

まず、お墓というのは土地を貸し出すというシステムですので、お墓の維持や管理を行うのはお墓を経てた遺族ということになります。ですが、納骨堂は遺族が立てたものではありませんので、管理者が管理していて管理体制も行きとどいていることが多いです。

ですから、お墓が遠方にあったり忙しくてなかなかお墓の管理が出来ないという場合などは管理をしっかりとおこなってくれる納骨堂は非常に便利でありがたいです。しかし、全ての納骨堂が良いというわけではありませんので、納骨堂選びのポイントをいくつか抑えておくようにしましょう。

まず大切なのが清掃などの管理状態や設備の手入れがしっかり行われているかということです。汚い納骨堂は良くありません。建物が古すぎて潰れるのではないか?という不安があるような場合も別の納骨堂にするべきでしょう。

ページのトップへ戻る