納骨時のトラブル

非常に大事な儀式である納骨でも残念ながらトラブルが起こることがあります。納骨堂というと今までは先祖代々を含んで家族単位で仏教寺院を「菩提寺」としてかかわりをもつ「檀家制度」というのが一般的でした。しかし、少子化や核家族化が進んで家族が少なくなっていくにつれ檀家制度は一般的ではなくなってきています。価値観も変わってきていることから先祖代々のお墓に入ることを希望しない方や無宗教を望む方が増えてきています。

しかし、在所の寺院と関わりがない場合親の考えなどを尊重して無宗教葬を行ったら納骨を断られるという問題も起こっています。どうしても納骨したというのであれば寺院の宗派の葬儀を再度行うように言われることもあるようです。そのようなことになったらお金もかかりますし、非常に手間がかかってしまいますので、納骨してもらおうと思っている場合は、前もってそのお寺に宗派のことなどを聞いておくようにしましょう。

納骨の費用に関するトラブルも年々増えていると言われています。お寺にはお布施を渡すことが多いですが、お布施の金額というのははっきりと決まっていません。宗派によっても異なりますし、檀家制度から離れてしまっている現在お布施の金額を決めるのは簡単ではありません。そのようなこともあり、中にはお布施の目安の金額を表示してくれているところもありますが、まだまだ少ないですのでお布施を渡す際にトラブルが起こることもあるようです。

お金のことでトラブルになると面倒ですので、トラブルにならないためにも前もってお寺に相談し、お布施の金額の目安などを確認しておくようにすると良いと思います。

ページのトップへ戻る