納骨時の服装

納骨する際の服装はどのようにしたら良いのでしょうか?遺族は葬儀と同じで喪服であることが基本です。男性の正式な喪服はモーニングコートになりますが、モーニングコートを着る方は最近少なくなってきていてブラックスーツを着ている方が増えています。ブラックスーツでも問題ありませんが、シャツは白い無地でネクタイも黒の無地で光沢のないものにして下さい。ネクタイピンはつける必要はありません。

ベルトや靴下、靴も全て黒で統一し、靴もネクタイ同様光沢のない物をはくようにしましょう。シャツにカフスをつける場合は黒の石を使用するようにして下さい。和装の場合は、羽二重などの黒無地染め抜き五つ紋付の着物に羽織、仙台平の袴を着るのが一般的です。

女性は洋装の場合は黒のフォーマルスーツか、黒などの暗い色のワンピースやアンサンブルを着ます。こちらも光沢のないもので透けかんや肌の露出がないものを着るようにして下さい。シンプルで上品なデザインの物を選ぶのが好ましいです。夏は暑いですが、それでも肌を露出するような服は良くないのでやめるようにしましょう。基本は長袖ですが、どうしても暑い場合は五分袖でも問題ありません。

ネイルは出来るだけ外すようにしましょう。外せないという場合は黒い手袋を着用することで隠すことが出来ます。しかし、手袋を外さなければならない場面もあるかもしれませんので、ネイルは出来るだけ落としておくことをおすすめします。女性もストッキングや靴、バッグなどは全て黒で統一します。靴はつま先が見えないパンプスが基本です。

ページのトップへ戻る